available in English

ご予約・お問い合わせ
03-6206-6240

歯の神経をなるべく取らない、歯をなるべく削らない診療について

Medical

Medical歯の神経をなるべく取らない、歯をなるべく削らない診療について

ダイアグノデントペン

ダイアグノデントペン

歯に当てた赤色レーザー(全く痛くもかゆくもありません)の反射光を読み取り、数値と音に置き換えることにより歯が虫歯になっていたりひびが入っていたいりすると反応する装置です。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング

コンポジットレジンを盛り付けることで歯の形を変えたり、歯の面積を広げることが出来ます。
そのため前歯部分の隙間(すきっ歯)やわずかな捻れを矯正することなく、短時間で整えることも可能です。

MTAセメント・ドックベストセメント

MTAセメント・ドックベストセメント

虫歯が深い場合に、歯の神経を守るために用いるセメントです。
従来の診断では歯の神経を取らざるを得なくなってしまったような場合においても、歯の神経を残せることがあります。歯の神経を残すことにより、歯の寿命を延ばすことができ、治療後に骨の中に感染が起きるリスクを大幅に下げることが期待できます。

セラミック・補綴

セラミック・補綴

セラミックの被せ物はプラーク(汚れ)が比較的つきにくいです。また、形についても歯ぐきとの調和を得ることで長く美しい状態を保つことができます。
ホワイトニングと合わせて行うことで、現在のお口の中よりも白くすることも可能です。