ご予約・お問い合わせ
03-6206-6240

根管治療

Medical

Medical根管治療について

従来の根管治療

良質な根管治療を

根管治療(歯の根の治療)は非常に難しい治療です。確実に行わなければ虫歯の再発や、化膿を招き、最終的に歯を失ってしまう可能性もあります。

また、歯を失うほどではなかったとしても、歯の周りが化膿していると全身の疾患へ関与していることも示されています。

当院では、良質な根管治療を行うため、積極的に先進機器を使用した治療を行っています。

院長インタビュー記事

ドクターズファイル・根管治療

従来の根管治療

従来の根管治療

  • 歯を削る量が多い
  • 歯の強度が落ちる
  • 治療回数がかかる
  • 治療中の感染リスクが高い
  • 器材は滅菌処理
  • 収縮する薬
  • 再発率が問題視
  • 血管の病気と関連

良質な根管治療

良質な歯の根の治療

  • 歯を削る量が少ない
  • 歯の強度を保つ
  • 治療回数が少ない
  • 治療中の感染防止策がある
  • ラバーダムを装着する
  • マイクロスコープによる拡大視野
  • 徐々に膨張する薬
  • 再発率が低い

Medical当院で使用しているGentlefile(ジェントルファイル)

根管の強度を保ち、歯の寿命を延ばすために

ジェントルファイル

根管治療で大切なのは、いかに歯を傷つけずに、根管内の病巣を除去できるかということです。
根管治療で使用する「ファイル」という機器は、従来のものだと柔軟性が十分でなかったために、根管を過剰に形成する必要があり、歯にかかる負担が大きいことが難点でした。また、根の治療のあとに装着する金属の土台も、歯よりも硬すぎるために歯が割れてしまうことも大きな問題でした。

そこで当院では、Gentlefile(ジェントルファイル)という柔軟性に優れたファイルを使用し、歯に負担の少ない処置を実現しています。

<従来のファイル>

柔軟性が十分でなく、根管を過剰に形成し、根管状態を変化させる必要性がある

<Gentlefile>

柔軟性が十分にあり、過剰な拡大・形成をせず根突までアプローチが可能。さらに、天然歯の神経の通り道を模倣した器具先端の形状を付与し、歯の長い寿命が得られるように設計。

ジェントルファイル ジェントルファイル ジェントルファイル

Medical歯の移植術・意図的再植術

一度抜いた歯でも、18分以内の短時間でお体の中に戻すともう一度生着させることができます。そのような現象を治療に応用したのが歯の移植術・意図的再植術です。

歯の移植術

ある歯を残すことが難しくなってしまった場合に、親知らずなどの歯を抜いて移植(引越し)してくる方法があります。
埋まっている親知らずでも生えている親知らずでも移植に使うことができます。
一連の検査・CTによる診査ご説明から治療までは、基本的に保険診療で行うことができます。

歯の意図的再植術

歯の根の治療(根管治療)がうまくいかない、歯の根の先を切除する手術(歯根端切除術)を行わなければ完治できないもしくは手術を行ったのにも関わらず膿が出続けてしまう。そのような症状の場合に、歯を一度抜いて、お口の外で病巣を取り除きお口の中へ戻すことができます。
一連の検査・CT診査ご説明から治療までは、基本的に保険診療でおこなうことができます。

©ヘルシーライフデンタルクリニック