ご予約・お問い合わせ
03-6206-6240

閉鎖性睡眠時無呼吸症(OSA)

Medical

Medical閉鎖性睡眠時無呼吸症(OSA)

閉鎖性睡眠時無呼吸症

睡眠時無呼吸症は、眠っている間に呼吸が止まることで様々な合併症を起こす病気です。
医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。
寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。
この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼすこと。気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるということです。

よくある症状

いびき、夜間の頻尿、日中の眠気、起床時の頭痛

検査と診断

  • 問診・診察
  • 簡易検査
    (HST)
  • PSG検査
  • 治療
    (CPAP、マウスピース)

治療法

持続的気道陽圧法(CPAP)
持続的気道陽圧法(CPAP)

閉塞性睡眠時無呼吸タイプに有効な治療方法として現在欧米や日本国内で最も普及している治療方法です。

CPAPは、寝ている間の無呼吸を防ぐために気道に空気を送り続けて気道を開存させておくというものです。
CPAP装置からエアチューブを伝い、鼻に装着したマスクから気道へと空気が送り込まれます。

医療機関で適切に設定された機器を使い、鼻マスクを正しく装着できているかどうかが重要なポイントになるので、医療機関に一泊入院して治療に適した機器設定を行う(タイトレーション)場合もあります。

口腔内装置(OA)
口腔内装置(OA)
口腔内にSomnoDentを装着し、下顎を前に出すことで、睡眠中の気道の閉塞を防止する治療方法です。
他の治療法に比べて心身への負担が少ないので、コンプライアンスが高いです。

©ヘルシーライフデンタルクリニック